松田淳一 ヴァイオリン

アクセスカウンタ

zoom RSS もうひとつのオーケストラ部

<<   作成日時 : 2018/05/06 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

帝塚山オーケストラ部に続いてもうひとつのオーケストラ部の定期演奏会が終りました。
ここは生徒が指揮をします。
一年間、指揮の訓練と、音楽解釈の勉強をして、部員たちとの信頼関係を築き上げます。
大変なポジションですが、過去の指揮者は異口同音に一生忘れられない貴重な経験だと言います。
今年はチェロから選出されました。ドボルザークの交響曲8番はチェロが活躍する曲なので、
この曲だけはチェロに戻ってもらい、指揮無しで演奏しました。

このオーケストラの特徴はパーカッションセクションを持ち回りでやる、つまり、
ヴァイオリンを弾いていて、シンバルの出番になると、本番中、ヴァイオリンを置いて、
打楽器の場所へ移動し、シンバルを一発鳴らして、またヴァイオリンのところへ戻ってきます。
顧問の先生がかなり頭脳明晰なのですが、生徒たちも自分の役割を完璧に理解していました。

ショスタコーヴィッチの5番では、ティンパニのところでヴァイオリンを弾いていました。

画像


帝塚山も、ここのオーケストラ部も、お疲れ様でした。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もうひとつのオーケストラ部 松田淳一 ヴァイオリン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる