アクセスカウンタ

松田淳一 ヴァイオリン

プロフィール

ブログ名
松田淳一 ヴァイオリン
ブログ紹介
ヴァイオリニスト 松田淳一のHPです
zoom RSS

東京麻布十番スカイラウンジコンサート終了

2018/08/20 22:16
今年も麻布十番終りました。しかも本番中に来年の8月18日に開催が決定しました!
また8月の第3日曜です。そして永久にそうなります。
関係者の皆さん本当にお世話になりました。
元四万十市長の奥さん真理子さん(20年のお付き合い)、ディズニーランドの掃除の神様鎌田さんも打ち上げにご参加くださいました。
そしてフィリピンからは仲間のノブ君が一曲、それもパーカッションで参加してくれました。打ち上げでは急遽歌も。

t01.jpg

t02.jpg

真理子さん
1534769862899.jpg

神様鎌田さん
1534769833170.jpg

ノブ君 右のヴァイオリンは今回の主役ジャスミン
1534769882821.jpg

関係者一同 ありがとうございました
20180819_160726.jpg

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京麻布十番スカイラウンジコンサート いよいよ3日後

2018/08/16 23:28
いよいよ3日後に迫りました。
今年は日曜ということで14時開演です。
チゴイネルワイゼンやアメリカの想い出、ナヴァラなどの超絶技巧曲が並びます。
音響は抜群で、自分の経験上5本の指に入るほどです。
眼前に東京タワー、遠景にスカイツリーを見ながら優雅なひとときをお楽しみ下さい。
ご来場くださいましたら、コンシェルジュにお声掛けください。
係りのものが会場までご案内いたします。
aky.jpg

FB_IMG_1503363750288 (2)
1503319803472.jpg
1503246667448 (2)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


フィリピン・マルセロフェルナン演奏会チケット

2018/08/15 23:25
We've made tickets just now!
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ストラディバリピッコロヴァイオリン

2018/08/08 21:52
動画を整理していたら出てきました。懐かしい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


フィリピン演奏会追加

2018/08/06 23:58
フィリピンでまたコンサートの追加があります。
結局コンサートはレクチャーコンサートを含め9回。
kidsf.jpg
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレビニュース

2018/08/03 22:38
九州ツアー、途中唐津でテレビに出演することに。
動画一部です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレビ出演

2018/08/03 22:10
唐津近代図書館でのコンサートの模様がニュースで放映されました。
FB_IMG_1533265095920.jpg
FB_IMG_1533265087322.jpg
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


九州演奏旅行2

2018/07/31 12:57
暑い九州ですが、食べ物もお酒も最高。
来年は8月始めに大分県玖珠、佐賀県浪漫座、唐津、そして大牟田と決定!

FB_IMG_1533009042964.jpg
FB_IMG_1533009039486.jpg
FB_IMG_1532664727082.jpg
FB_IMG_1532999791385.jpg
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


九州演奏旅行

2018/07/29 21:15
九州は行く先々に友人がいるので、つい飲みすぎてしまいます。
今回は福岡博多、佐賀県唐津、佐賀、大牟田X2 の合計5公演。
佐賀県浪漫座は旧古賀銀行の中にグランドピアノが置いてあり、優雅にお茶を飲むことが出来るスペースになっています。
IMG_20180727_175602.jpg
IMG_20180727_175354.jpg
roman.jpg

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


唐津きみがよ

2018/07/27 01:15
佐賀県唐津。
もう10年通ってますが、いつも人生の何たるかを学べます。
自分はまだまだ小さい!
また来年来ます!
20180726092700814.jpg
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


常田富士男さん逝く

2018/07/19 22:19
30年のお付き合いをさせていただきました。
最後に病院からお電話いただいたときは、
しっかしした口調で、
「長年ご贔屓にしていただき、ありがとうございました」
でした。
役者ならではのセリフでした。
しかしお別れの言葉でもありました。
ご冥福をお祈りいたします。
DSCF1637.jpg
唐津常田1



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Date of Lecture Concerts at Silliman University

2018/07/19 21:41
11 Sept.

@The Neanderthals
“Who is most popular with women?”

ABirth of a musician
“A long time ago, when homo-sapiens were hunting, someone picked up bones and beat them after dinner・・・.”

BWhy isn’t there a universal language?
“In ancient Africa, although they constructed kingdoms, they didn't have a language yet.
Why was it so?”

CMusic and the human being
“An era in human evolution, called the hunting and gathering period,the Neanderthal men had hunted prey by hearing.
This is why; all creatures are already programmed to react to faint sounds in their DNA in this era.”

12 Sept.

@Japan and the Philippines…
“A man was born in JAPAN in 1565.
He had traded with the RUSON Island in the Philippines, for that reason, he was called RUSON SUKEZAEMON.”

AHow has the music been used in the history?
1. Music therapy 2. Festivals 3. War 4. Religion

13 Sept.

@Dr. Altschuler advocated iso-principle
“My friend is depressed. What kind of music should I give him to listen to?”

AWhat is a purpose to use BGM?
“Long ago, in America, there was poor productivity.
In one case employees of a car company didn’t work so much.
So, the employer tried putting a record of jazz on that was liked by employees on in 1911.
Then, it produced good results, so much so that for the productivity was 30% up!”

14 Sept.

@Golden Ratio
“Moon Light Sonata (Beethoven) is composed to the Golden Ratio.”

AAbout dividing the Bow
“Violinists usually create music with their right hands.”

BAbout intonation
“We will be able to express our musical nature by intentionally controlling of musical intonation”

15 Sept.

@What is the difference between a Piano and a Violin?

AAbout the Piano
“Pianists have to know that there are many techniques to create music.”
“Experimental result of key touch method.”

BThe Bow
In 2,700 B.C, at that time, a bow was called “The Plectrum” which is just a stick and a player would hit strings with it.
This movement developed a certain musical instrument that was called “The PIANO”.
Another player would rub strings with the Plectrum.
It was called “The Viol” which was the root of “The Violin”.

CThe vibration (Wind instruments / Strings / Singers)
“The vibration of wind instruments and singers are constructed with high and low intonations in addition to strong and weak tones.”

20180719162359324.jpg
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京麻布十番スカイラウンジコンサート

2018/07/14 00:04
東京麻布十番の季節がやってきました。
去年は葛飾柴又へ行って帝釈天にお参りしたのでした。
toukyo2.jpg
1503183297114.jpg

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


セブ島コンサートフライヤー完成

2018/07/12 23:47
フライヤーが出来上がりました。
今年もセブ島唯一のコンサートホール、マルセロフェルナンで開催されます。
[世界ぶらり街角コンサート] part2

saishuu.jpg
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


釧路のみなさんお世話になりました

2018/07/11 02:07
今回も募金が3万円ほどありました。
早速NPO法人アジア音楽教育者育成プロジェクトに寄付させていただきました。
YOUTUBEで後半がご覧になれます。

https://www.youtube.com/watch?v=BMFovuaE12s

1531241952072.jpg
1531213094196.jpg
1531213120733.jpg
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


釧路での新しい試み(動画)

2018/07/11 01:50
前半はヴァイオリンのリサイタル、後半は釧路演劇協議会と劇団東風のみなさんとのコラボでした。
パントマイムと弁士の形で物語は進みます。
二人の神様のいたずらによってある男が不幸になっていくお話し。
しかしこの男、不幸を不幸と思わない、超ポジティブ人間。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


北海道釧路第7回目は今週

2018/07/02 23:49
釧路のみなさんお久しぶりです。
企画を始めて7年目になります。
今回の趣向ですが、前半はいつものようにヴァイオリンのリサイタル。
後半は、ある小説を脚本化し、釧路演劇協議会の皆様の助けをお借りして、
パントマイムと語りと音楽劇。
小説を脚本化するのは初めてですが、語りと演劇がしっかりしているので心配はしておりません。
音楽チームには我らがペキタ、瀬戸厚志(ホルン)に加え、桜ヶ丘病院の院長、清水先生にヴィオラで
助けてもらうことになりました。このお二人とは10数年前、音に恋した美術展、で音楽を担当した時に出会いました。
瀬戸さんは釧路近代美術館の学芸員。その当時の展覧会全てを仕切っていました。
その美術展の中で、私がグァルネリデルジェスを弾き、清水先生にストラディバリを弾いていただきました。
それ以来、お二人とは盟友となりました。
演劇の方は、片桐さんと中納さんをはじめ劇団東風から数人お手伝いしてくださいます。
ご案内がギリギリになってしまいましたが、ご来場をお待ちしております。
puroguramu.jpg
kushirochirashi.jpg
きさらぎ舞台1


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


九州ツアー唐津編

2018/07/02 23:24
旧友の多い唐津です。
もう10年のお付き合いになります。
sinbun.jpeg
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


美術館コンサート(動画)

2018/06/25 23:53
難曲でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


美術館コンサート「海の嵐」(動画)

2018/06/24 23:48
逆光で画像が悪いですが、美術館のコンサートです。
一見、図書館のように見えますが、資料置き場です。
ここが最も音響が良い。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

松田淳一 ヴァイオリン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる